今、美への未来へと飛び立とう。

歯科インプラントの歴史について

歯科インプラントは、失った歯を人工材料で補う治療技術です。

顎の骨にインプラント体と呼ばれるものを埋込み、その後人工歯をそこに装着させ、天然の歯の機能や形に近い状態にするものです。

歯科インプラントの歴史は古く、人工物で失った歯を補う試みは、2〜3世紀の古代ローマ時代から見られ、実際に実用化に成功したと見られるミイラが、7世紀のインカ帝国時代のペルーで発見されています。

現在のインプラント治療の技術は、20世紀初頭から臨床に登場しています。その後、1952年にチタンが骨と結合することが発見されると、その後の技術が飛躍的に伸びて、様々な試行錯誤を繰り返して現在に至っています。

お気に入り

ピックアップサイト
ピックアップサイト
ピックアップサイト