今、美への未来へと飛び立とう。

美容外科の豊胸手術の技術

美容外科の先生も気付かないほど、豊胸手術の技術は進化しています。

豊胸術はシリコンや生理食塩水を袋状にしたバックを胸に脇下から差し込む方法が主流でしたので、傷跡が残り触り心地も若干硬いので、豊胸手術に気付かれることもあったようです。

しかし、現在は注射で脂肪やヒアルロン酸を注入する方法があるので、傷跡が残りにくくより自然なバストアップが可能です。

バストの左右の大きさが違うと思われる女性は多いです。

人間の体は左右対称ではないので大きさが違っても問題はありません。

しかし、気になる人は悩みのひとつとなるでしょう。豊胸手術は左右同じ大きさに調節することも可能です。

もし気になる方は相談してみてはいかがでしょう。